島根県看護連盟

〒690-0049 島根県松江市袖師町7-11
TEL:0852-27-6361
  1. トップ>
  2. 会長あいさつ

会長あいさつ

連盟活動への「理解」と「行動化」で来年の勝利を導いてまいりましょう。

会長の写真

日頃より看護連盟の活動にご理解とご支援をいただきありがとうございます。
7月の豪雨災害、9月の台風21号、北海道地震により被災された皆様に心よりお見舞いを申しあげますとともに、少しでも早く復旧・復興が進みますよう願ってやみません。
6月23日島根県看護連盟通常総会において30年度事業計画について承認を得ました。今年度は、来年行われる第25回参議院選に軸を置いて、今まで以上に〝政治への関心を高める”“組織力の強化を図る”など取組まなければならない課題がたくさんあります。連盟活動が看護協会の提言の法制化、看護の制度的な環境を整えるために、看護の専門職として心して価値ある活動への関心とご理解をいただけるよう取組みたいと思います。多くの看護職の皆様に連盟が行う事業に参加いただき、連盟活動が医療現場のよりよい環境づくりと繋がっているのだと感じ取っていただけるよう、会員の皆様の協力を得て研鑽しなければならないと常々思うところです。
過日、7月21・22日に県西部・東部でリーダー研修会を開催し、“看護職の教育・仕事がいかに政策の影響を受けているか理解できた”、“仕事と政治との繋がりが理解できた”、“連盟活動の歴史や成果を知らなければならない”など、「理解レベル」の発言が多くありました。こうした研修での理解が言葉として他者に伝えられ、リンケージすることで活動が浸透していくことを期待します。そして最も重要なことは、「理解レベル」が来年の参議院議員選挙に向けての「行動化」に繋がっていくことです。選挙戦で成果を成し遂げるには、連盟活動への関心と理解、行動化であります。支部活動と連動し、会員の皆様とともに地道に、そして確実に取組んでいきます。
8月6日には石田まさひろ参議院議員と語る会を開催し、現場からの問題提起や政策への疑問点・要望等が熱心になされ、政治、政策への関心の本気度を感じました。
9月1日には中国四国ブロックポリナビワークショップを石田まさひろ議員を迎えて開催しました。180名余りの若手看護師等が島根で縁をつなぎ交流を深めました。シンポジストの方々から、若者らしく現在から未来への看護の創造が語られ、グループワークでは未来を担う逞しい若者達の意見交換がされました。9県の実行委員の皆様に運営へのご協力をいただき感謝申し上げます。島根の実行委員の企画・運営も立派でした。チーム力で素晴らしいワークショップを成し遂げたことは、島根の連盟活動の宝になりました。

看護連盟は来年の勝利を目指して後援会活動に重点的に取り組んでいきます。引き続いて、「石田まさひろを応援する会」への入会活動にご協力をよろしくお願いいたします。

島根県看護連盟会長
川合 政恵